【必読】期間限定で公開中♪
 
AYANE
「お金を払うのはちょっと…!」 って方はチェックしてみてね♪

夫婦とは何か?セックスレスを題材とし、30代のリアル結婚ライフを描いた、各メディア大注目の話題作「1122(いい夫婦)」4巻のネタバレ感想を紹介しています♪

1122(いい夫婦)4巻のあらすじ!

おとやんの誕生日を迎えた。

 

生花教室を終え、先生や仲間にお礼の挨拶をいう美月

 

おとやんも教室を出た後、二人は別々にいつものホテルへ向かった。

 

おとやんはいちこが自分の嘘に気づいていると知っていた。

 

いちこちゃん、悲しんでる?

あきれてる?

いずれにせよ、これが最後だから・・・。

 

ホテルの一室で美月はケーキと誕生日プレゼント(生花に使うハサミと剣山)をおとやんに渡した。

 

そして、おとやんは美月と出会った時の思い出を語り、美月も嬉しいと言ったーー・・。

 

⇒まんが王国で無料試し読みする☆
サイト内で「1122」と検索してね♪

※以下ネタバレ注意!!

1122(いい夫婦)4巻のネタバレ!

 

その頃、いちこ礼くんと一緒にいた。

 

前より緊張せず、せっかくお金も払ってこの日を待ちわびていたから思いっきり楽しもうと思う。

 

(おとやんの事も思い出すのやめよう・・)

 

「最後までしちゃって大丈夫?」

 

と確認する礼君に

 

「お願いします」

 

といちこは返事をする。

 

 

そして、夫以外との相手で快楽へと進んでいったーーー・・・。

 

 

一方、美月はおとやんにセックスしようと誘った。

 

けれど、断るおとやん。

 

友達になれたら嬉しいと美月に言う。

 

 

実は奥さんとの関係がギクシャクしていて・・・この公認不倫の事だけが原因ではないけれど、立て直していきたい。

 

これからはそれぞれ自分の家庭を大事にしていこうね・・・と更に伝えた。

 

 

しばらく沈黙する美月。

 

「今、いい気分?」

 

静かに口を開いた。

 

「夫婦の再構築を宣言出来て、今いい気分?」

 

おとやんはもっともらしい事を言ったようだったが、美月の中で一本の線がプツっと切れた瞬間だった。

 

(私は全然いい母親なんかじゃない。だけど、精一杯やってきたんだよ)

(私、どうすれば良かった?どうしたらいいんだよ)

 

美月はプレゼントの剣山をおとやんの局部に突き刺した!!

 

おとやんの局部には大量の血がにじむ・・・。

 

「私はこういう人間だったんだね」

 

「おとやさん、私おとやさんのこととても好きでずっと憎らしかった」

 

そういいながら二人は最悪の別れとなるのだった。

 

 

その頃、いちこは礼くんとセックスを終え、余韻に浸っていた。

 

(セックスだけじゃなく肌のふれあいとか丁寧なキスとか・・・抱擁も久しぶりで、そういうのが心にも響いて、あれはちょっとヤバかった)

 

いちこは礼くんに心からお礼を言った。

 

礼くんに夫の公認不倫の事を打ち明け相談した。

 

「いちこさんの話聞いてると、フツーにすごいイヤだったんじゃない?旦那さんに恋人できたの」

「正直に話してみたら?」

 

とアドバイスされた。

 

図星をつかれたいちこは涙が溢れだし、今更遅いよ、私じゃ勃たないんだよ?と嘆いた。

 

「でも、挿入=セックスでもないしね」

 

と、笑顔で答えた。

 

 

その頃おとやんはホテルのお風呂で血が止まらず苦しみもがいていた。

 

(死ねない、死ねない)

 

意を決してフロントに電話をかけ、腰にバスタオルを巻きそのまま病院へと向かった。

 

医者に、物理的には問題はないはずだが、影響がでるとしたらメンタルが原因と言われた。

 

確かに、美月は剣山でおとやんの局部を刺した時、おとやんの刺された顔を見て渾身の力で更にねじこんでいたのだ。

 

(怪我が治っても痛みが消えても、美月さんの意思は恐怖となって俺の中に留まり続けるんじゃないか・・・)

 

一方、帰宅した美月に夫の志郎はどうだったか聞いた。

 

聞きたいのは生花教室ではなく、不倫相手とどうなったかを聞いていた。

 

志郎は美月の顔に血液が付いているのに気がついた。

 

「これは私の血じゃない。不倫もちゃんと終わらせたよ。私、相手の事刺しちゃったけど」

 

その後も挑発的な発言を繰り返す美月。

 

怒りで手が震える志郎に、殴ってもいいよと美月は言った。

 

「殴らないよ。俺は美月が好きだから。」

「君が好きな男を刺す人間でも俺は好きな人を殴らないんだ」

 

美月はそんな志郎を見て少し泣きそうな表情を見せた。

 

 

いちこが帰ってくるとおとやんは先にベッドで横になっていた。

 

「話出来る?」といういちこに腰が痛いという理由で断るおとやん。

 

翌朝、誕生日プレゼントの日本酒を一緒に呑もうと誘うが、またしても誘いに断るおとやん。

 

かなり精神的に落ち込んでいるらしい・・・。

 

局部は痛いし、心は折れているし、仕事に行きたくないおとやんは仕事をサボり一人プラネタリウムへ・・・。

 

星を見ながらおとやんは、いちこが自分をとても大切に思ってくれていた事に気がつく。

 

自分の取った態度に反省をし、家へ帰ると昨日の事件の事がバレていた!!

 

というのも、血まみれの服をベランダに置きっぱなしだったのだ。

 

本当のこと話してほしい・・・

 

そういういちこにおとやんはーー・・?!

⇒まんが王国で無料試し読みする☆
サイト内で「1122」と検索してね♪

1122(いい夫婦)4巻の感想!

いや〜!!ビックリの展開が続きますね!ついに、おとやん以外の男性と関係を持ったいちこですが、それはいつかおとやんも知ってしまう事になるのか・・・そうなった時、二人の関係はどうなってしまうのか・・・。複雑な心境です。クズ過ぎるおとやんなので、自分のやってきた事は棚に上げ、受け入れきれるのか不安が募ります(泣)。

4巻の最後には更に衝撃的な展開が訪れており、二人に新たな試練が起こりそうな予感です。

早くも5巻が気になりますね!興味のある方は是非〜!!!

⇒まんが王国で無料試し読みする☆
サイト内で「1122」と検索してね♪