【必読】期間限定で公開中♪
 
AYANE
「お金を払うのはちょっと…!」 って方はチェックしてみてね♪

妻・相原一子。夫・相原二也。結婚7年目の仲良し夫婦。セッ◯スレス。子供なし。そんな二人が選択したのは「婚外恋愛許可制(公認不倫)」。おとやには、いちこも公認の“恋人”美月がいる。美月との恋に夢中になり始めるおとやを見て、いちこにも変化が……。『にこたま』の渡辺ペコが描く最新作は、結婚の嘘と真実。結婚したい人もしたくない人も――「結婚」を考えるすべての人に届けたい、30代夫婦のリアル・ライフ!

引用:まんが王国

 

※注:以降ネタバレ・あらすじを含みますので、不要な方は▼▼より無料で試し読みしてみてください

⇒「まんが王国公式サイト」はこちら
サイト内で「1122(いいふうふ)」と検索♪

漫画1122(いい夫婦)1巻のあらすじ

一子(いちこ)と二也(おとや)はちょっと、いや、だいぶ変わった夫婦。

 

なぜなら妻が夫の「公認◯倫」をしているから!!

 

あることをきっかけにセッ◯スレスになった二人。

 

いちこはキラキラしたトキメキや欲望より静かで穏やかな家庭を望み、それが愛だと思っていた。

 

毎週木曜日になると外出するおとやん。

 

結婚記念日の約束をしていたのに延期しない?と持ちかけてきたり、

だんだん恋に夢中になっていくおとやん。

 

だんだんいちこは焦り始めーーーー??!!

 

⇒漫画「1122(いいふうふ)」の試し読みはコチラ♪

サイト内で「1122(いいふうふ)」と検索すればすぐに無料試し読みできます♪

漫画1122(いい夫婦)1巻のネタバレ

一子(いちこ)二也(おとや)は結婚して7年の30代夫婦。

 

いちこは少しガサツでさっぱりとした性格で、おとやんは料理上手で優しく穏やかな夫。

 

そんな二人の夫婦生活の中で独自のルールがあった。

 

それは、いちこが認めるおとやんの「公認◯倫」

 

二人はいわゆるレス。

 

いちこはおとやんの事を、

夫で家族でズッ友で相棒で理解者でいちばん信頼している人と思い、

身体の関係が無い今の状況に満足していた。

 

11月22日はいちことおとやんの結婚記念日だった。

二人でどこか出掛けようと約束する。

 

ある日、いちこの仲間での女子会でお互いの近況を話す中、

◯欲はどう処理しているのかという話題になる。

 

いちこの場合は?と聞かれると、

「凪!つまり無風。たまに小さな刺激で波紋が広がるけど、すぐに吸収されちゃう」

と言い切る。

 

帰り道、ふと私の「凪」っていつからだっけ?と思い返す中、歩道橋で足を滑らせ転んでしまう。

 

そういえば、大学の時に仲の良かった男友達と夜にファミレスで課題をしていて、

妙にしたくなってラ◯ホに二人で向かう途中に、勢い余って歩道橋の階段でコケかけた時の事を思い出す。

 

「母さん、私のあの時の◯欲どうしたんでしょうね」

 

と、物思いにふけた。

 

夫のおとやんは毎週木曜日に花の教室に通い、第3木曜日は月に1度のお泊りの日。

 

そう、第3木曜日は恋人(美月)と会っているのだった。

美月も既婚者で障がいを持っている子どもを抱え、夫は仕事人間で家庭を顧みない人だった。

 

恋人と会った翌朝、明らかにおとやんがキラキラしている。

朝ごはん作っても何をしててもテンション高め。

 

生きてるって感じ。輝くってこういうこと?といちこは観察する。

 

朝ごはんを食べながらおとやんがいちこに

「今日、外でご飯食べない?」と誘う。

 

おとやんは店に向かう途中に、恋人から22日(結婚記念日の日)会えないかとメールが来る。

なんとか調節してみると返信。

 

店でいちこと合流し、おとやんは22日の件延期に出来ないか?と持ちかける。

自分勝手な要望に喧嘩越しのいちこ。

「最近ルンルンオーラダダ漏れだし、家庭内に外の恋愛持ち込まないってルール破んないで」

 

「ごめん、いちこちゃん。気を付ける」

とおとやん。

すぐ謝るし言い訳しないおとやんに、いちこは追い打ちをかけて言ってしまう。

 

「おとやんはちゃんと考えてる?私達結婚してるんだからね。家族だし、夫婦なんだからちゃんとしてよ」

 

「うん」

 

表情を変えぬまま、大潮のように引いてしまっているおとやんを感じる。

 

キラキラルンルンの恋愛感情やムンムンな欲望でもない、静かで広くて穏やかで夜の海みたいなものを「愛」と呼ぶのは厚かましいのかな。。。。と考えていた。

 

いちこが抱える「嫉妬」とは違う別の感情。

 

でも、私の「凪」に波紋を起こしているのもまた確か、と感じるのだった。

 

一方、おとやんは美月から電話で22日は延期にしようと告げられる。

 

美月は22日がおとやんの結婚記念日だったことを覚えていて、そういう日に会うのはおかしいし、無理せず大事にやっていきたいからと。

電話を切った後もメールのやりとりをし、お互いの想いを確認した。

 

そんなやりとりを知らずにいちこは22日の温泉に控え、無心でエクササイズのDVDで身体を引き締めるのだった。

なんだかんだで相当楽しみにしているいちこがいた。。。。!

⇒漫画「1122(いいふうふ)」の試し読みはコチラ♪

サイト内で「1122(いいふうふ)」と検索すればすぐに無料試し読みできます♪

漫画1122(いい夫婦)1巻感想

◯倫を容認する妻、◯欲をお金で解決せず一般の人を相手にしてしまう夫、障がいを持つ子どもを持ちながら既婚者と知り関係を持ってしまう美月。

この作品は見る人の立場によって感想や意見がだいぶ変わってくるのかな、と思います。

既婚者で女性である私は、正直どの人の気持ちも全く解らないです。

でも、全員どこかに逃げたい気持ちや隠された悩みがあって、それが解決できないはけ口のための行動なのかなと感じます。

おとやんが◯倫をしたきっかけは、いちこの心ない発言があったから、それは自業自得なのかなという気もします。

おとやんと美月のスマホでのやりとり「ゆっくり大事にしていこう」にはイラっとしましたww

どの身分でいってんの?みたいな。恋は盲目ですねww

今後どのような展開になっていくのか期待です♪

⇒漫画「1122(いいふうふ)」の試し読みはコチラ♪

サイト内で「1122(いいふうふ)」と検索すればすぐに無料試し読みできます♪