【必読】期間限定で公開中♪
 
AYANE
「お金を払うのはちょっと…!」 って方はチェックしてみてね♪

テレビアニメ化もされた、あきづき空太先生の赤髪の白雪姫1巻のネタバレと感想を紹介しています♪

生まれつき赤い林檎の様な美しい髪の白雪。その珍しい髪色を悪名高いラジ王子に気に入られ困った白雪は国を出ることに――!! 隣国の森で出会い力を貸してくれた少年・ゼンとは一体…!? サマーラブ読切「八月の四季彩」も収録。

引用:まんが王国

 

 

※注:以降ネタバレ・あらすじを含みますので、不要な方は▼▼より無料で試し読みしてみてください

⇒「まんが王国公式サイト」はこちら
サイト内で「赤髪の白雪姫」と検索♪

赤髪の白雪姫1巻のあらすじ

白雪はタンバルン王国に住む薬剤師。林檎のように美しい赤髪をしており、
それを理由にラジ王子の愛妾に選ばれた。

しかし、自分の人生を自分で決められない事が嫌で家出をすることに。

迷い込んだ隣の国の一軒家で、ある3人の若者と出会う。

白雪の人生が一気に変わりだそうとしていたーーー!!!

⇛⇒漫画「赤髪の白雪姫」の試し読みはコチラ♪

サイト内で「赤髪の白雪姫」と検索すればすぐに無料試し読みできます♪

赤髪の白雪姫1巻のネタバレ

主人公の白雪は、タンバルン王国に住む薬剤師の少女。
非常に稀な美しい林檎の様な赤髪で、
ラジ王子の愛妾(あいしょう)に選ばれた。

 

そして、3日後に正式に城へ迎え入れられるので身支度をと宣告される。

 

馬鹿と有名な王子の言うことには逆らえないと思うが、他人の筆で描かれた
人生は歩きたくないと思った白雪は、長かった美しい髪を切り、
国を出ようと決意する。

 

森に入り暗くなってきた所で休憩すれば良かったと後悔しながら、
場所は隣の国のクラリネス王国に入っていた。

 

ある1軒の家を見つけた。

 

中には誰も居なく、塀の所で休ませてもらっていると話し声がし、
男性が塀を飛び越えてきた。

 

名前はゼン。他にミツヒデ木々(きき)という名前の若者だった。

 

ゼンが塀を乗り越えた時に着地に失敗すると、白雪は薬剤師で色んな薬剤を
常備しており、湿布を渡す。

 

何者かわからないのにそんなものはもらえないとゼンが言うと、白雪は
自分で剣で腕を痛め、塗り薬をして湿布を貼り、安全な物だと証明した。

 

「あいにく毒を持ち歩く趣味はないよ」

 

その行為でみんなが安心し、信頼へと変わり

「じゃあ、よろしく頼む」

と笑顔で受け入れた。

 

家出中の身である事を告げると、ここは自分らの遊び場で、空き家だから
好きに使っていいと言われ、4人で暮らす事に。

 

家を出た理由を知りたいゼン。

 

白雪はあまり教えたくなかったが、金持ちに求愛され、赤い髪が珍しいから
自分の側に置きたいだけと揶揄しながら説明する。

 

逃げ出した事を良い判断だとゼンは笑い、

「赤い色っていうのは、運命の色を言うんだろ。

今は厄介なだけかもしれないけど、案外いいものに繋がってるかもしれない」

と言うと、白雪はすごい考え方と思うが、白雪もゼンに信頼をおけるようになった。

 

ある日、白雪が住んでいた隣の国から宛に籠に入った林檎が届く。

 

送り主はラジ王子で、求愛者がラジ王子だとゼン達は知り驚く。

 

ゼンがその林檎を食べると毒が塗ってあり、倒れてしまう。

 

その時、ラジ王子の遣いの者が家を訪れ、解毒の仕方を知っているから
同行を願うと、白雪はラジ王子のもとへ。

 

ラジ王子は白雪に会い、求愛したら逃げられたと街中から笑い者にされ、
白雪を罪人にすればそれが真実とバレるため、名誉回復に白雪から愛妾に
なりたいと申し出てもらいたいという。

 

嫌とは言わせない口実が出来て幸運だったというラジ王子。

 

逃げられない白雪は、好きにしてくださいというと、

 

「却下〜!!」

 

とゼンが城に乗り込み助けにきてくれた。

 

お前が林檎をよこした張本人だな、とゼンが言うと、
口の聞き方を改めろとラジ王子が言う

 

「では、面倒だが改めて。お初にお目にかかる。
私はクラリネス王国の第二王子ゼン」

 

なんと、ゼンはクラリネス王国の第二王子だったのだ。

そして、一緒にいたミツヒデと木々はゼンの側近として仕えていたのだ。

 

信じられない白雪は、毒のせいで変な事を言っていると勘違いするが、

毒には万一の事を予測し、慣らされていたとのこと。

 

王子が毒を盛った証拠を正式な場で確かめていいか聞くと、
口を閉ざすラジ王子。

 

「今回の愚行を公にされたくなければ二度と白雪に関わるな」

と、ラジ王子に約束させた。

 

白雪は辛そうなゼンに、「早く解毒薬を!」といい、事なきをえた。

 

今回の事件に巻き込んだ事を反省する白雪。ゼンは、森の中で出会えた
ことや、今回の事で互いに身を守れた事が運命の方だと嬉しいと言った。

 

それは、これからのつながりになるかは白雪が決めてほしいと望んだ。

 

そして、白雪は城門をくぐるのがいつまでも客人じゃ格好つかないと、
「宮廷薬剤師」になる事を目指したーーーー!!!

⇛⇒漫画「赤髪の白雪姫」の試し読みはコチラ♪

サイト内で「赤髪の白雪姫」と検索すればすぐに無料試し読みできます♪

赤髪の白雪姫1巻の感想

白雪は赤髪であるがゆえに色んな事に巻き込まれていく人生ですが、それをゼン達が救ってくれます。

白雪のまっすぐで頑張り屋な部分がみんなを惹きつけるんだと思います。

今の所、ゼンが白雪をお気に入りという印象を受けますが、白雪はどう思っているのか今後も気になる所です!

テレビアニメ化もされたファンタジー作品です。

興味のある人は是非♪

⇛⇒漫画「赤髪の白雪姫」の試し読みはコチラ♪

サイト内で「赤髪の白雪姫」と検索すればすぐに無料試し読みできます♪