【必読】期間限定で公開中♪
 
AYANE
「お金を払うのはちょっと…!」 って方はチェックしてみてね♪

 

過食症、ナルコレプシー、ベル麻痺――。小学校にはあなたの知らない病気で溢れている。子供たちの未来を守る最後の砦「保健室」に謎の問題医・牧野(まきの)先生がやってきた! 小学生たちの身近に潜む、名も知らぬ病気の数々――。口も態度もでかい謎のドクター・牧野先生がだれもが見落としてしまう小さな病気のサインにどこか冷めながらも(?)向き合うようですが……!?

引用:まんが王国

 

※注:以降ネタバレ・あらすじを含みますので、不要な方は▼▼より無料で試し読みしてみてください

⇒「まんが王国公式サイト」はこちら
サイト内で「放課後カルテ」と検索♪

放課後カルテ1巻のあらすじ

主人公の牧野先生は医者だが、ある小学校の保健医として産休の養護教諭の先生に代わりに働く事になった。

髪はボサボサでぶっきらぼう。やる気のなさそうな表情から子ども達から恐れられ、先生からも不審に思われていた。

いつも保健室のベッドが特等席な野咲さんという女の子がいた。

彼女はいつも眠たくて、授業でも給食の時間でも寝ていた。

友達からはいつも寝てるし勝手だからという理由で嫌われていた。

本当はもっと別の理由が隠されていたのを牧野先生が発見するーーー。

⇛⇒漫画「放課後カルテ」の試し読みはコチラ♪

サイト内で「放課後カルテ」と検索すればすぐに無料試し読みできます♪

放課後カルテ1巻のネタバレ

産休に入った養護教諭の宮田先生に代わり小学校の保健医として勤め始めた
牧野先生

 

朝の朝礼で子ども達に自己紹介の挨拶をするが髪はボサボサの
ぶっきらぼうな挨拶で、子どもたちに恐い印象を与える。

 

保健室のベッドで寝るのがお決まりだった野咲さん。

 

今日もベッドで寝ていると、牧野先生に

「俺の許可なしにベッドで寝るな!」

と保健室から追い出された。

 

半泣きの状態の野咲さんを篠谷先生が助けてくれた。

 

なんなの、あの人・・・。

 

これから行きにくいなぁと落ち込む野咲さん。

同級生からもまた保健室でサボり?とからかわれる。

 

でも、倒れそうに眠いんだもんと授業中も深い眠りについてしまう。

 

給食の途中でも寝てしまい、篠谷先生は野咲さんと面談し、
夜にちゃんと寝ているか聞く。

 

ちゃんと寝ていると答える野咲さんに、

じゃあ、どうしてそんなに眠いのかと聞くと

「もう〜〜知らない!!何回も同じこと言わないで!!

 私はちゃんとやってるの!!」

と怒り、教室を飛び出してしまう。

 

職員室でも野咲さんの居眠りが話題になり、牧野先生に相談すればと言うが、
あんな変な人に頼める訳がないと否定的。

 

保健室では男子が怪我をし、牧野先生に処置をしてもらっている所に
野咲さんが保健室のドアをそっと開ける。

 

男子が「なんだよ、また寝にきたのかよ」

という言葉にその場を逃げる野咲さん。

 

男子は牧野先生に、あいつはいつも寝てるしやる気ないし勝手だから、
みんなに嫌われてるんだと教えた。

 

友達と遊ぶ約束をしても、寝ていて起きられなくて来れなかったなんて酷い!
と、友達から嫌われ、寝ていて授業の内容が分からず、
テストで悪い点数ばかりで家に帰れば母にも怒られる始末。

 

野咲さんは深い闇の底にいるような気持ちだった。

 

そんなある日、野咲さんが校庭で倒れていると児童から聞き、
牧野先生が対応する。

 

意識もあるし、脈も正常。顔面蒼白じゃない事から貧血でもない・・・。

原因は他にあった。

 

牧野先生は彼女は「ナルコレプシー」といういわゆる過眠症であると診断する。

 

ナルコレプシーとは脳疾患の一種で、通常ならば寝てはいけない重要な場面でも
我慢できず強い眠気に襲われ、大事な場面で眠ってしまったり、感情の高ぶりで
倒れてしまうのもナルコレプシーの脱力発作の特徴で、周りからは
「だらしがない」「真面目にやっていない」と思われ、本人や周囲が病気と認識
しない場合が多くみられるという。

 

それを聞いた野咲さんは、私は治るの?と泣きながら牧野先生に聞き、

「今までよりもお前自身は変われる」と言った。

 

先生と友達は野咲さんに今までの行動を謝り、

「みんなが一緒だよ。絶対に治そうね!」と言い、野咲さんはまた
友達と一緒に遊べるようになり周囲の理解も得られるようになった。

 

牧野先生は怖くないか野咲さんが聞かれると

 

「私を初めて見つけてくれた先生だよ」

 

そう笑顔で答えるのだった。

 

その後も牧野先生はぶっきらぼうながらも色んな子どもに潜む病気を見極め、
適切な処置とアドバイスをみせていくーーーー。

⇒漫画「放課後カルテ」の試し読みはコチラ♪

サイト内で「放課後カルテ」と検索すればすぐに無料試し読みできます♪

放課後カルテ1巻の感想

牧野先生はどうやら前は大学附属病院で勤めていたようで、ある事情で今の小学校へ配属されたようです。それも後に明らかになっていきますが、人とのコミュニケーションが苦手で誤解される事もしばしばあります。しかし子ども達の様子をしっかり見つめ、適切な判断と処置ができる優秀な医者です。
こんな先生が学校にいてくれたら、先生も子ども達も安心できるだろうな〜と思いました。
身近に潜む様々な病気も次々にわかりやすく紹介され、勉強になりました!
興味のある人は是非♪

⇒漫画「放課後カルテ」の試し読みはコチラ♪

サイト内で「放課後カルテ」と検索すればすぐに無料試し読みできます♪