【必読】期間限定で公開中♪
 
AYANE
「お金を払うのはちょっと…!」 って方はチェックしてみてね♪

復讐の女たち〜死んでしまえばいいのに・・・【分冊版】のあらすじ!

「消えていなくなれッ!!」憎悪にまみれた女たちの闇を描いた戦慄の復讐劇第二弾!――不倫の代償はあまりにも大きかった…社内不倫の末、恐ろしい復讐に巻き込まれていくOLを描いた「不倫に愛はあるの?」、金遣いの荒い義母に追い込まれた主婦はついに心を狂わせ…嫁姑の凄惨な悲劇を描いた「守銭奴」、鈍臭いから刺されたのよ…派遣先での理不尽なイジメに女は復讐の鬼と化し…「裏の顔」――平凡な日々から突き落とされた女たちの、身の凍るようなリベンジストーリー3作品!

引用:まんが王国

⇒まんが王国で無料試し読みする☆
サイト内で「復讐の女たち〜死んでしまえばいいのに・・・分冊版」と検索してね♪

※以下ネタバレ注意!!

復讐の女たち〜死んでしまえばいいのに・・・【分冊版】のネタバレ!

不倫はけものみちと言われるけど

こんな気持ちがいいことやめられない・・・・

 

主人公の樋村美宇(ひむらみう)26歳は大手商事会社のOL。

 

上司の宮島部長と不倫を続け、1年がたとうとしていた。

 

部長は美宇の事を名器の持ち主だと絶賛し、美宇に出会えた自分は幸せ者だと言い、リップサービスと分かっていても嬉しかった。

 

部長といるととにかく楽しいし、お金持ちで毎月服やバックを買ってくれた。

 

妻とは妥協で結婚して愛はないと言っている。

 

しかし、それならなぜ別れて私と結婚してくれないんだろう・・・そう感じていた。

 

割り切って付き合っている・・・そう思っていたけど、最近部長のズルさが目につくようになってきた。

 

妻にバレぬよう逢瀬の後はシャワーを浴びなかったり、こっそりみた部長のスマホには美宇の電話番号に男性の名前が登録されていたり、子どもの誕生日には美宇に選ばせてイソイソと帰宅する・・・。

 

そんな状態が続き、美宇は親友の良子に相談した。

 

良子は完全に遊ばれていると真っ向から否定し、こんな不倫の相談なんてしてくるなと、距離を置かれる始末だった。

 

けれど、美宇はどうしても部長の愛を信じたくて、休日にこっそり部長の自宅へと足を運んだ。

 

するとそこには息子と飼い犬と仲良く遊ぶ部長を穏やかな表情で見つめる妻・・・。

 

絵に描いたような幸せな光景が目に飛び込んできたのだった。

 

やっぱり良子の言った通りだった・・・!

 

部長のうそつき!!!

 

その後、体調を崩して3日も会社を休んだが、部長からの連絡は一切来なかった・・・。

 

連絡くらいくれてもいいのに・・・。

 

すると、見知らぬ番号から電話がかかってきた。

 

会社に出入りのあるWEBデザイナーの木之内さんだった。

 

3日も会社を休んでいると聞いて、心配して電話をかけたという。

 

「もし、体調が治っていれば食事でもどうですか?風邪の後はしっかり体力つけましょう!」

 

木之内は部長とは違い、優しく思いやりのある言葉を美宇に投げかけてきてくれた。

 

そんな木之内に美宇もあっという間に打ちとけ、二人はいい雰囲気に・・・。

 

その日のうちに身体の関係を持ち、付き合う事になった。

 

美宇は部長と終わらせるいいきっかけになったと思った。

 

そして、こっそり部長を呼び出し別れ話をすると、新しい男が出来たと察した部長は、このまま食い逃げして自分だけいい子でいるつもりかと、今までに見たこともない形相で絶対に許さない!!と憤慨した。

 

「絶対に別れない!」

 

「もし逆らったら君とその男をハメツさせてやる!!俺を甘くみるなよ!」

 

部長がこんな人だったなんて・・・。

恐い・・・!!!

 

恐怖にかられた美宇は会社を辞め木之内の家に身を置いた。

 

部長の復讐が怖かったが、不倫がバレれば自分の立場も悪くなる・・・ただの脅しだろう。

 

私も木之内さんに知られると困る。

お互いにいい思いをしたんだからもう放っておいて欲しい・・・そう感じていた。

 

 

木之内との生活は幸せそのもので、来年になったら両親を紹介したいとプロポーズをされ、喜びに満ちあふれていた。

 

お金はないけれど、若さと愛と夢がある木之内についていこうと決意していた。

 

しかし、2週間後美宇が帰宅するといつもより早く帰宅していた木之内が部長からもらった高価なバックを広げていた。

 

ギョッとする美宇。

 

木之内は、今日美宇の前の会社に行って美宇が不倫をしていた事を知ってしまったという。

 

こんなブランドのバックを何個も持っていて、前から不審に思っていたと続けた。

 

美宇は必死に誤解だといい、田舎の親に買ってもらったと嘘をついた。

 

すると、木之内は一気に豹変し、

 

「テメーと宮島部長の事はとっくにバレてんだよ!!」

 

と美宇が何を言おうとやめる事なく殴る蹴るの暴行を加えた。

 

ついに美宇は立ち上がる事が出来なくなり、木之内が出ていったのを見計らって良子に電話し、助けを呼んだ。

 

このままでは殺させると身の危険を感じ、逃げるように木之内の家から出ていったのだった。

 

誰か分からなくなる程に顔面が腫れ上がった美宇・・・。

 

良子は衝撃的な美宇の姿を見て病院に行って警察にも話そう!!と言うが、美宇は心身共に衰弱し、誰にも知られたくない・・・と言うのだった。

 

しかし、これは始めから仕組まれた罠だったのだーーーー・・・・。

一体誰が・・・・?!

⇒まんが王国で無料試し読みする☆
サイト内で「復讐の女たち〜死んでしまえばいいのに・・・分冊版」と検索してね♪

復讐の女たち〜死んでしまえばいいのに・・・【分冊版】の感想!

恐い!!恐いですね〜!!

周りに迷惑をかけながら自分だけいい思いをするとこういった仕打ちが返ってくるのでしょうか。

やった事の代償はあまりに大きいですね。

誰が仕組んだ罠だったのか、自分の目で確認してみて下さい!

続けて2作品収録されています!自分では出来ない、非日常を感じさせてくれる作品は読んでいてスカっとさせてくれるかもしれません!

興味のある方は是非♪

⇒まんが王国で無料試し読みする☆
サイト内で「復讐の女たち〜死んでしまえばいいのに・・・分冊版」と検索してね♪