【必読】期間限定で公開中♪
 
AYANE
「お金を払うのはちょっと…!」 って方はチェックしてみてね♪

 

元カレとこんなコトになるなんて1巻のあらすじ!

恋に溺れるとろくな事がない!穏やかな恋愛がしたい!!

 

そう心に決めている主人公の白川桜子28歳。

 

しかし、穏やかに付き合っていた彼氏に振られ落ち込んでいると、隣でも別れ話をしているカップルが。

 

よく見ると高校の時に付き合っていた初恋の相手、小宮山侑だった!!

 

桜子は侑の事が好きすぎて受験勉強に支障をきたし、全滅するという黒歴史があった相手だったのだ!!

 

久しぶりにあった元カレにやっぱりドキドキが止まらない桜子!!

 

再び近づいてくる侑に振り回されてーーー??!!!

⇒まんが王国で無料試し読みする☆
サイト内で「元カレとこんなコトになるなんて」と検索してね♪

※以下ネタバレ注意!!

元カレとこんなコトになるなんて1巻のネタバレ!

主人公の白川桜子は28歳。

 

ある日、居酒屋で二人で鍋を囲んでいると彼氏から急に

 

「桜子ってさ、俺の事本当に好きじゃないと思う」

 

と突然の別れを告げられ帰ってしまい、意味も分からぬまま、2人分まるまる残った鍋を眺めながら

呆然としていた。

 

すると、隣でも偶然別れ話をしているカップルが。

 

「好きになれそうだと思ったけど無理だった」

「なによ!不能なくせに!!」

と、彼女は彼を平手打ちし、店を出ていってしまった。

 

その男性をよく見ると、高校の時に3ヶ月付き合っていた初恋の人、小宮山侑(こみやまゆう)だった!!

 

まさかの再会に喜ぶ侑。

 

最悪・・・・!!!

 

桜子は10年ぶりの侑との再会にドキドキする自分がとても嫌だった。

 

なんでさっきの彼と別れたのか聞かれる桜子は、自分でもよく分からないと答えた。

 

喧嘩もせず穏やかに1年近く付き合って、一緒にいると安心できた相手だったのに・・・。

 

自分を見失わず恋に溺れる事ない相手を探していた桜子にとって彼は十分だった。

 

「じゃあ、俺の事はどこが好きだったの?」

 

と、質問する侑に

 

「憶えてません!」とツンケンした態度になる桜子。

 

「酷いなぁ。俺は一目惚れだったのに・・・」

 

とサラッと呟く侑に慌てた桜子は、間違えて侑のお酒を一気に飲んでしまう。

 

お酒が飲めない体質の桜子はたちまち酔いがまわり、気がつくと下着姿で侑の家のベッドで寝ていた!

 

侑も半裸の状態で、ヤッてしまった?!と慌てるが、未遂だった様子。

 

どうやら介抱してくれたようで、お礼にキスをして?とせがまれる。

 

桜子は拒否するが、おしの強さに負け、これは単なるお礼!と覚悟を決め、軽いキスをした。

 

すると、侑はそれでは物足りなくなり、照れる桜子の表情に高校時代を思い出した。

 

「白川は変わらないな」

 

と微笑み愛撫をしはじめた。

 

ウソ・・・ダメ。こんなに気持ちいいとか・・・。

 

あまりの気持ちよさに抵抗出来なかった。

 

けれど、彼氏と別れたばかりなのにダメ!!と理性と取り戻し、侑の元カノが「不能」と言っていた事を思い出した。

 

ここ数年、誰としてもどうやってもダメだったという侑。

 

だけど、白川となら・・・・と、侑の中で桜子は特別な存在だった。

 

高校3年の生徒会室で親友に連れてこられた桜子が、恥ずかしがりながら「好き」といった表情が忘れられなかった。

 

可愛い、白川が欲しいと思う侑は再び続けようとするが、桜子はさっき会ったばかりで付き合ってもいないからダメと抵抗する。

 

この再会をきっかけにまたやり直そうという侑だが、桜子はかたくなに拒否した。

 

高校の時も理由も知らず電話で一方的に桜子から別れを告げられた侑。

 

というのも、桜子は侑の事が好きすぎてドキドキしすぎて、勉強に身に入らず受験が全滅したという、桜子にとっては黒歴史だったのだ。

 

そして、桜子の姉や弟も恋に溺れて離婚、借金と、実家に出戻りしており、恋に溺れては人生が狂ってしまうと教訓していたからだった。

 

「とにかく・・・小宮山君とは無理なんです」

 

と、ハッキリ断り身支度を済ませ、タクシーで帰宅した。

 

落ち込んでいる侑の所に来客が・・・。

 

白川が戻ってきてくれた?!と喜ぶが、義理の弟の洸(こう)だった。

 

仕事の都合でしばらく侑の家に置いて欲しいという洸。

 

侑は母が決めた大学生の婚約者の子が卒業するまでに、心に決めた人を連れていかないと即結婚という条件を母につきつけられていたのだった。

 

 

なかば焦りを感じている侑を洸は他人事のようにケラケラ笑う。

 

 

数日後、桜子は高校時代の親友ゆきのと会っていた。

 

ゆきのは侑との仲を取り持ってくれた友人でもあった。

 

小宮山に会った事を報告する桜子に、またヨリを戻すのか聞かれたが、

 

「恋に溺れる人生は身を滅ぼすのよ!!」

 

と力説し、それはない!と断言した。

 

ゆきのは、侑はなかなかの優良物件だと話した。

 

というのも、20歳で公認会計士の資格を取り母が大企業の社長と再婚して後を継ぐ継がないとか・・・という情報を知っていた。

 

やけに侑に関して詳しいのに感心していると、昔自分が気になっていた人と告白した。

 

「あの時は私が協力したから、今回は桜子が協力してくれるよね?」

 

とゆきのに言われ、よく分からないけど困った・・・。

 

なぜそう感じるか自分でも分からなかったが、複雑な思いの桜子だった。

 

けれど、連絡先すら知らない侑にまた偶然会う事もないだろうと、たかをくくっていた桜子だったが、仕事の帰り道に駅で偶然侑と遭遇した。

 

「メシでもどう?」と誘う侑に、「結構です」と、間髪入れずに断る桜子。

 

少しでも一緒にいたい侑は、家まで送っていくと半ば強引についていった。

 

迷惑そうにする桜子。

 

話を進めていくと、偶然会ったのではなく侑が桜子が来るまでずっと待っていたようだった。

 

「あの時(別れた時)はかっこつけて物分りの良いフリしたけど、本当はもっと強欲でわがままでタチが悪いんだよ」

 

侑のそんな言葉に共感した桜子は

 

「そうじゃない人っているのかな・・・」と呟いた。

 

そんな時、桜子の部屋のドアが空いているのに気づく。

 

「ドアが・・・なんで・・・」

 

「待った!!白川!!先に俺が入るから」

 

桜子の部屋は空き巣に入られ部屋の中は荒らされ、色んなものが散乱していた。

 

結局現金、通帳、貴金属などお金になるものは全て盗まれており、身の危険を感じてひとまず侑の家に身を置かせてもらう事に・・・。

 

出戻りの姉と弟がいる実家には頼れず落ち込む桜子。

 

そんな中、侑は

「うちでしばらく暮らさない?」

と提案した。

 

そして、お金がない桜子にタダでとは言わないかわりにある条件を出した。

 

「白川には結婚を前提に付き合ってる彼女のフリをしてほしい」

 

と告げた。

 

そんなの絶対にダメ!!と断る桜子だったが、弟の洸と二人で話している時に会話の流れでオッケーをしてしまう事に!!

 

慌てる桜子だが、それを聞いて嬉しそうに笑う侑の表情を見て断れなくなってしまう。

 

結局受け入れることにして引っ越しの準備をする桜子だったが、そんな中ゆきのから

 

「小宮山のこといい作戦おもいついちゃった!」

 

とラインが入った!!

 

桜子は果たしてーーーー???!!!

⇒まんが王国で無料試し読みする☆
サイト内で「元カレとこんなコトになるなんて」と検索してね♪

元カレとこんなコトになるなんて1巻の感想!

小宮山君がスマートで桜子に愛情をたっぷり注いでくれます。こんな風に思われたい!と思う女性は多いと思います!!一度恋に溺れ、他がおろそかになってしまった桜子は、その気持ちをなかなか受け入れられないのですが、時間の問題なのかな〜と思います。

弟の洸君と、親友ゆきのもこれから二人をかきまわすのかな〜といった所ですが、小宮山君の桜子に対する気持ちはブレないような気がします。

これからどんな展開になるのでしょうか??興味のある人は是非〜!!

 

⇒まんが王国で無料試し読みする☆
サイト内で「元カレとこんなコトになるなんて」と検索してね♪