【必読】期間限定で公開中♪
 
AYANE
「お金を払うのはちょっと…!」 って方はチェックしてみてね♪

TBSでアニメ化もされた宮原るり先生の「僕らはみんな河合荘」の1巻のネタバレと感想を紹介しています♪

親の転勤により、一人暮らしをすることになった宇佐くん。だが彼の新しい住居は奇人変態ばかり。だが、憧れの律先輩もそこにいて…!?ラブ3:コメ7の思春期コメディー!

引用:まんが王国

僕らはみんな河合荘1巻のあらすじ!

高校生になった宇佐和成は、親元を離れ「河合荘」へ下宿する事に。

 

道中で出会った変人変態の「シロ」がまさかのルームメイトなのを知り、出ていこうとしたが、高校の図書館で出会った超絶タイプの河合律もまさかの下宿生だったーーー??!!

 

中学の時に災難続きだった宇佐は、高校は心地よく穏やかに過ごしたいと思っていたが、下宿生活での運命はいかにーー??!!

⇒「僕らはみんな河合荘1巻」を無料試し読みする☆
サイト内で「僕らはみんな河合荘」と検索してね♪

僕らはみんな河合荘1巻のネタバレ!

主人公の宇佐和成(うさかずなり)は高校1年生。

親の転勤で河合荘という下宿に住むことになった。

 

河合荘に向かう道中、小学校のフェンスに頭を突っ込んだいかにも怪しい男性が。

そおっと警察に通報しようとすると、その男はスポッと頭を抜き、

「あれ?宇佐君」

と宇佐の名前を知っていた。

 

小学校好きなの?と訳のわからない質問をされていると、すでに誰かが警察に通報して、宇佐まで怪しい男と勘違いされる。

 

警官は、

「子どもの安全に敏感な世の中なんだから・・・」というと、

 

「僕は頭はエロでいっぱいですが、女子校生以上の女子がみっちりで小学生が入る隙なんてありません!なんなら、駅の階段で見てもいないのに女子高生から「何見てんだよ」と蔑んだ目で睨まれたい!」

と、興奮しながらドM要素満載な発言をする。

 

警官はあなたちょっと変ですねと、派出所に連行された。

 

そのすきに宇佐は逃げ出し、河合荘へ足を踏み入れる。

 

大家の住子(すみこ)さんに案内され、古いが趣のある雰囲気の家が気にいる宇佐。

 

部屋を案内され、想像以上に広い部屋にテンションが上がる宇佐だが、真ん中をカーテンで仕切るという説明だった。

 

その時、

「酷いじゃないか、宇佐君」と肩を叩く人が。

 

振り向くとさっきの連行された男が。

 

名前は城崎。通称シロ。まさかのルームメイトだった。

 

「こんな人とルームメイトなんて絶対に嫌です!!」

と家を出て行こうとすると、高校の図書館にいた美女が玄関に立っていた。

彼女もまた下宿生の一員だった。

 

名前は河合律(かわいりつ)。高校2年生。

 

宇佐はまさか、超タイプの女子と同じアパートなんて!これはフラグか?それとも罠か?

と疑心暗鬼。

 

ひとまず出ていくのをやめ彼女の後を追いかけ必死に話しかけるも、律はそっけない表情。

 

急に「ここから女子エリアだから」

 

と、竹刀を目の前に出しバリアを張る。

 

住子さんが、「ここは男女で行動範囲を制限しているから気を付けてね。」

と、補足した。

 

シロみたいな人がいたら危なくないですか?と住子さんに聞くと廊下の要所要所に防犯グッズ(バットやスタンガンなど)が仕掛けてあるから大丈夫と答えた。

 

その後母に電話で相談するも母も適当な性格で、細かい事はきにするなと、宇佐がひとり暮らししたいからどんな部屋でも文句言わないと約束していた事を話す。

 

まぁ、そう言ったのは確かと半ば諦め、それより律の事が気になる宇佐。

 

下心満載な宇佐を見ていた住子さんは声を掛け、一緒にお茶をすることに。

 

どうやら律は住子さんの姪孫にあたるらしく、

「仲良くしようとせずに仲良くなって」と意味深な助言をもらう。

 

仲良くなんて・・・・めっちゃなりたい!と思っていると、本を読みながら廊下を歩く律の姿が。

 

立ち止まったりペタペタ歩く姿がなんとも萌え〜。小風に髪をなびかせながら読書する律をうっとりしながらそおっと見ていると、でかい声でシロが話しかけてきた。

 

「布団がないけど、一緒に寝る?」とエロトーク全開の会話にドン引きする律。

 

宇佐がこれは言葉のあやで・・・!と言い訳しようと近づくと女子エリアに足を踏み入れてしまい、律のケツ竹刀をお見舞いされる。

 

宇佐は穏やかで心地いい生活はもう諦めよう・・・そう決意した一日だった・・・。

 

その後も個性的で変人変態の住居人が次々登場し、波乱万丈な生活が始まる宇佐だったーー!

⇒「僕らはみんな河合荘1巻」を無料試し読みする☆
サイト内で「僕らはみんな河合荘」と検索してね♪

ぼくらはみんな河合荘1巻の感想

河合荘で次々に現れる奇人変人が織りなす人間模様が滑稽で、ニヤニヤしながら読み進めてしまいました!律の基本無表情だけど、ふとした時に笑う顔や恥ずかしがる表情のギャップで宇佐はもちろん、読者の皆様のハートをもわし掴みにしてしまう萌え女子です♪

絶対こんな変な人周りにいなそうだけど、適度な距離感で馴染んでいく宇佐が素敵です。(本人嫌がっていますが笑)ツッコミも的確で楽しいです。

これから登場人物も増え、どんな下宿生活が待っているのか気になりますね!興味のある人は是非♪

 

⇒「僕らはみんな河合荘1巻」を無料試し読みする☆
サイト内で「僕らはみんな河合荘」と検索してね♪