【必読】期間限定で公開中♪
 
AYANE
「お金を払うのはちょっと…!」 って方はチェックしてみてね♪

不妊に悩む女性のリアルが切実に描かれている森脇葵先生の「一日千秋分冊版」のネタバレと感想を紹介しています♪

――避妊しなければ子供なんて、すぐできると思ってた――34歳の翔子(しょうこ)は結婚7年目子供なし。友人が2人目の出産の話をしている中、不妊治療を続けている。夫は優しく協力的だが、周囲の妊娠、義母からのプレッシャー、期待と落胆の繰り返しに「子供が欲しいと願っているだけなのに…なんで私には叶わないの・・!?」と焦りや不安が募り…。 妊娠、出産、家族・・・普通の幸せとは一体何なのか――?30代女性のリアルとその周りを取り巻く人々の恋焦がれる想いを描く!

引用:まんが王国

一日千秋 分冊版のあらすじ!

主人公の片桐翔子34歳は、結婚7年目。不妊治療に励んでいた。

 

避妊しなければすぐに妊娠できると軽く考えていた・・・。

 

夫との関係は良好だが、友達に2人目が出来たり、義母のプレッシャーだったり、誰もが叶っている妊娠がなんで自分だけにやってこないんだろうと焦りと不安でいっぱいになっていた。

 

そんな中、味覚の変化や、身体の変化から妊娠の可能性がある事に気づく!

 

産婦人科で見てもらうと妊娠していた!!!

 

長く待ちわびた大切な命・・・・。大事にしていたが、医者にある数値が気になると言われる。

 

翔子とお腹の赤ちゃんの運命はーーー???!!

⇒「一日千秋 分冊版」を無料試し読みする☆
サイト内で「一日千秋」と検索してね♪

一日千秋 分冊版のネタバレ!

避妊しなければすぐに妊娠できると思っていた。

 

主人公の片桐翔子34歳は、結婚して7年目で子どもはいない。

 

子どもが欲しい翔子は、不妊治療で人工授精5回目を受けていた。

 

今まで生理不順でも大きな病気もしたことがない翔子は自分がまさか不妊治療をするなど思ってもみなかった。

 

人工授精で上手くいかない場合は体外受精へと続くが、経済的な理由と身体の負担を考えてしない事に決め、まさにこれがラストチャンスだった。

 

お願い、どうか巡り合って・・・!!!

 

子宮に必至に念じる翔子。

 

 

その後会社へ出勤し、後輩の茜が翔子を待っていた。

 

茜は会社のトイレで陽性反応が出ている妊娠検査薬を翔子に見せる。

 

検査薬の見方をよく知らない茜は、翔子が「妊娠してるよ」というと

 

「やっぱりか〜!!!そんな気がしたけど・・。大失敗!!私も翔子さんみたいに自分の好きな事して仕事をバリバリこなすの憧れてたんだけどな〜。」

 

といいながら、最後のタバコを吸ってきますという茜に、もうタバコはやめなさい!!と説教する翔子。

 

「赤ちゃんは欲しい時にすぐ出来るわけじゃないんだし、今お腹にいる命を大事にして」

と伝えた。

 

子どもなんて避妊しなければすぐに出来ますよ、と軽く考えている茜に、妊娠するのがどれだけの奇跡なのかわかって欲しいと願う。

 

夫の裕真とはとても上手くいっていて、バリバリ仕事をこなす翔子の事を理解してくれる優しくて温かい夫だった。

 

裕真と外食していると、義母から電話がかかってきた。

 

週に1回は妊娠はまだかという催促の内容で、裕真はそんな義母へのフォローもしっかりしてくれ、助かっていた。

 

裕真は子どもなんかより翔子が身体を壊す事の方を心配していたが、翔子は愛する裕真との子どもをどうしてもほしいと思うのだった。

 

そんな矢先、いつものレストランの味が違うと感じたり、バストアップしている事に気付き、生理予定日なのに体温が上がっていた!(これはまさか妊娠の兆候?!)

 

テンションが上がる翔子と裕真は二人で妊娠検査薬で確認すると、陽性反応!!

 

ヤッターーーー!!!!

 

と二人で大喜びし、産婦人科へ受診した。

 

結果通り妊娠の反応が出て、医者にまだ週数が早いのでエコーは来週にしましょうと言われる二人は、病院から出ると裕真は翔子を抱きしめて大喜び。

 

やっと、やっと私達のもとに来てくれた小さな命・・・。

 

ひしひしと幸せを噛み締めていた。

 

5週に入り、胎嚢が確認できる週数に来ていたが確認は取れず、HCGの値が少ない事を指摘される。

 

出血したら子宮外妊娠の可能性や、育たない可能性もあるので出血したらすぐに受診してくださいと言われた。

 

赤ちゃんを宿すってそんなに大変な事なの・・・??

 

一気に不安になる翔子。

 

帰宅し、裕真に診察の事を告げると、今は自分たちに出来る事をしよう。と励ましてくれた。

でも、もしダメだったらどうしよう・・・。不安が募る翔子。

 

会社で少し嫌な予感がしてトイレに行くとまさにつわり真っ只中の茜がトイレで吐いていた。

 

顔面蒼白で苦しそうな茜を羨ましいと感じてしまうなんて、重症だな・・・なんて考えていると、最悪の事態が・・・不正出血をしてしまう。

 

大切な大切な受精卵が上手く育たなかった・・・。

 

二人は深い悲しみ に溢れてしまう。

 

しかし、そんな困難も二人で乗り越え、裕真の一言で新たな選択肢のスタートを切る事となる。

 

果たして二人は新しい命に出会える時が来るのかーーー??!!!

 

⇒「一日千秋 分冊版」を無料試し読みする☆
サイト内で「一日千秋」と検索してね♪

一日千秋 分冊版の感想

不妊治療に通う夫婦の現実がリアルに描かれている作品で、不妊に悩む女性が多い世の中、こんな悩みが身近で起こっているのかと思うと、命の大切さ、心ない発言でいかに大きく心に傷をおうのかを切実に感じてしまいます。

後輩の茜ちゃんに関しても全く悪気はないにせよ、もう少し察して欲しいですし、命が宿る事の奇跡を周りの人達も再確認してほしいと思いました。

辛い想いを何度も経験し共有することで夫の裕真と絆は深まっていますが、果たして二人の元に奇跡の命は訪れるのでしょうか??2巻も気になります!!

興味のある人は是非♪

⇒「一日千秋 分冊版」を無料試し読みする☆
サイト内で「一日千秋」と検索してね♪