【必読】期間限定で公開中♪
 
AYANE
「お金を払うのはちょっと…!」 って方はチェックしてみてね♪

時空を超えた渾身のクライムサスペンス「テセウスの船」1巻のネタバレと感想を紹介しています♪

1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンス、開幕。

引用:まんが王国

テセウスの船1巻のあらすじ!

主人公の田村心は、史上最悪と呼ばれる無差別殺人事件の殺人罪で逮捕された佐野文吾を父に持つ28歳の青年。

心は出産と同時に妻を亡くし、娘の未来(みく)と生きていく事を決意した。

しかし、それには父佐野の冤罪の証拠を掴まないといけなかった。

真相を探りに北海道へ向かい、現場である音臼小学校の跡地へ行くと、急に霧に包まれ1989年の事件が起こる前にタイムスリップしてしまう。

事件の真相を突き止め、心は過去を変えられる事ができるのかーーー???!!!

⇒「テセウスの船1巻」を無料試し読みする☆
サイト内で「テセウスの船」と検索してね♪

テセウスの船1巻のネタバレ!

主人公の田村心(たむらしん)は、無差別殺人罪で捕まった警察官の父親を持っていた。

 

今から28年前、北海道音臼村でその事件は起きた。児童16名と学校職員5名が死亡、オレンジジュースに青酸カリが含まれていた事が明らかになり、その持ち主が佐野文吾(さのぶんご)、心の父だった。

 

事件は史上最悪の無差別殺人事件と扱われ、父親が逮捕された日から心の家族の人生は一変し、世間から憎まれ叩かれ傷つけられてきた。

大人になった今もそれは消えずに蝕み続けている。

 

心は由紀という女性と結婚し、やがて新な生命が生まれようとしていた。

 

心は、こんな過去なければいいのにと思いながら、今の幸せを由紀と一緒に守っていきたい、この子には自分と同じ思いは絶対にさせないと由紀の前で誓った。

 

仕事中、由紀の陣痛が始まり、心は急いで駆けつけるが、無事に赤ちゃんは生まれたものの、由紀の命は絶たれてしまう。

 

葬式で、由紀の親は由紀が亡くなったのは心のせいと攻めた。

 

孫は由紀の両親が引き取らせてもらうと言った。その方が孫も幸せだと・・。

 

後日改めて弁護士を通じて連絡すると義両親は言い、ひとまず赤ん坊は心のもとへやってきた。

 

心もその方がこの子にとって幸せなんじゃないかと思ったが、お腹の中にいた時からハーモニカを吹いていて、目の前で吹いてあげると満面の笑みを見せてくれた。

 

涙を流し、この子の父親は僕しかいない。何が何でも守って見せると誓った。

 

そして、生前由紀が父親の事件について調べていたノートを読むと、冤罪の可能性があるかもしれない事がわかった。

 

事件の時はまだ母のお腹の中にいた心。

 

顔も知らない父の為になんでこんな思いをしなければいけないのか、ずっと考えていた。

 

もし、事件が冤罪ならこの子を自分が育てられるかもしれないと、拘置所に父親に会いに行く決心をした。

 

出発の日、赤ちゃんに「未来(みく)」と名付け、未来を母に預け音臼村へと向かった。

 

音臼小学校があった場所に「音臼小慰霊碑」としたお墓が立っており、校舎は事件後に取り壊され更地になっていた。

 

歩き続けていると濃い霧が立ち込め、今までに体験したことがない不思議な感覚に陥る。

 

気を失い、寒さで目が覚めるとそこにはないはずの音臼小学校が。

 

付近には民家もあり、住民もいる。あたりは吹雪だった。不思議な現象に気味が悪くなった心はここから早く去ろうとした。

 

一軒の民家があり、表札に「佐野」の文字が。ドキドキしながらふと目をそらすと、雪に埋まっている少女を発見した。

 

慌てて救急車を呼び病院へ行くと、年号が1989年になっていた。

 

心は事件があった1989年にタイムスリップしてしまったと悟る。

 

そして、助けた少女は自分の姉であることを知った。

 

事件を聞き、佐野文吾が現れる。初めて父親の顔を見る心は動揺を隠せない。

 

命を救ってくれた心に佐野は心から感謝し心に握手を求めるが拒否する。

 

写真でみる佐野と雰囲気が全く違い、はつらつとした表情で堂々とした態度。

 

ひとまず姉の無事を確認し、その場を去りどう帰ったらいいか道に迷っていると、見慣れた顔が。心の母に出会った。

 

今の無表情な母とは全くの別人のように明るく笑顔が似合う母。

 

母は姉の様態を見に病院へ向かう途中だった。心のいる現代では姉は今回の事故でもう少し発見が遅く、顔全体にあざが出来ていたが、心に早い段階で助けられた事により、軽い霜焼けで済んだ。

 

心の行動で歴史と過去が変えられると気付き、佐野の殺人をどうにか止めさせようと決意するのだった。

 

佐野と母の掛け合いを見ながら、この人が本当に殺人鬼なのかと疑問が湧く。

 

住む場所がなく母は、姉の鈴を助けてくれたお礼といい、一緒に住まわせてもらう事になった。

 

果たして心は無事に事件を解決し、現代に戻れるのかーーーー??!!

 

⇒「テセウスの船1巻」を無料試し読みする☆
サイト内で「テセウスの船」と検索してね♪

テセウスの船1巻の感想

時空を超えたミステリー。色んな事件が絡み合い、一筋縄ではいかない様子がテンポよく描かれていて、あっという間に読み進めてしまいました!

心が思っている印象と全く違う父。今の無気力で無表情な母とは全く逆の明るく笑顔が似合う母。そんな二人に会えただけでもタイムスリップした価値があるんじゃないかと思ってしまいました。

次の巻が早く読みたいです!!興味のある人は是非♪

⇒「テセウスの船1巻」を無料試し読みする☆
サイト内で「テセウスの船」と検索してね♪