【必読】期間限定で公開中♪
 
AYANE
「お金を払うのはちょっと…!」 って方はチェックしてみてね♪

石田拓実先生の「カカフカカ」1巻のネタバレ感想、無料で読む方法を紹介しています♪

初めての相手でもある元彼とまさかのシェアハウスでの再会。そして、ふとしたはずみで「たたない」彼と不可思議なヒミツを共有することに…!? イマとカコ、ココロとカラダ、いろんなものが交錯するやっかいな大人のももいろラブストーリー!

引用:まんが王国

カカフカカ1巻のあらすじ!

寺田亜希はどこにでもいそうな普通の24歳。

 

同棲していた彼氏に振られ行く当てもない所に、友達ののりちゃんが住んでいたシェアハウスに住まわせてもらうことになる。

 

そこで再会したのが中学の同級生だった「初体験」をした相手、本行智也だった。

 

本行は亜希と偶然密着した時にある事が起こり、亜希に協力を求めるのだった。

 

その内容とはーーー???!!!

⇒「カカフカカ1巻」を無料試し読みする☆
サイト内で「カカフカカ」と検索してね♪

カカフカカ1巻のネタバレ!

主人公は寺田亜希(てらだあき)。趣味なし特技なし夢なしで、2年前就活に撃沈した今はコンビニで働く24歳。

 

付き合って4年、同棲して2年の彼氏に振られ、行き場がなくなり友達に相談していた。

 

すると、友達ののりちゃんが住んでいたシェアハウスに住まわせてもらう事になった。

 

そこには亜希が中学の時のクラスメイトだった本行智也(ほんぎょうともや)がいた。

 

本行は亜希の”初体験”の相手だった!

 

まさか、もう二度と会わないと思っていた相手とこんな所で再会するとは・・・!

 

気まずい空気が漂う中、部屋の案内をしてもらう事に。

 

今何をしているの?という話題になり、就活に撃沈して何の取り柄もないと感じている亜希は出版系の仕事をしているという本行を「すごいね〜」と褒める。

 

中学時代の亜希は何の根拠もなく「無敵」で、世界の中心は自分だった。

本行は

「何か・・変わったね、寺田さん」

 

というが、きっと変わったわけではない。ただ、気付いてしまっただけ。自分が思っていたよりもずっと大したことない存在だって事に。と、今の自分に自信を持てないでいた。

 

そんな矢先、台所の棚が開いていて亜希が閉めようとすると鍋が落ちてきそうになり、本行が助けてくれた。密着する二人・・・。

 

本行はしばらく亜希から離れない。そして、なにやら固いものがあたる・・・。

 

「いや、早くのけよ!!」

 

「あ、ごめ」

 

はじめは大昔の相手から軽くイケると思って馬鹿にされたと落ち込む亜希だったが、数日後改まって本行から悩みを相談された。

 

それは、2年前から「たたない」という悩みだった。

 

けれど、先日亜希と密着した時に久しぶりに反応し、絶対に変な事しないから協力して欲しいと言われる。

 

亜希はイヤイヤながらも協力に応じる事になる。

 

かといって、どんな事を協力すればいいのか不安で、本行と距離をとる亜希。

 

友達の飯野に相談すると、別に悩む程の事ではないし、嫌なら断ればいいじゃんと言われる。

 

何かあったら逃げてきな!と言い去る飯野だったが、自分に自信がなく就活で1年近く色んな会社に理由もなく「いらない」と告げられ、誰からも必要とされていないと感じていた矢先に本行から頼りにされて、複雑だけど少し嬉しくもあった。

 

帰宅すると、本行は

 

「本当は嫌なら断ってくれて構わない・・俺は屍(しかばね)のように生きていけばいい」

と言うので仕方なく受け入れる亜希。

 

まずは身体に覚え込ませる事が大事という本行はソファに座り、後ろから亜希をギュッと抱きしめた。

 

しばらくすると首筋にキスをされ、ドギマギしていると、

「ただいま〜。トモ」

 

と、ルームシェアのメンバーで主でもある長谷太一(ハセ)が登場。

 

二人の様子に驚きもせず淡々と話す彼も少し変わっている人物。

 

ルームシェアの説明をサクサク話したあと、ところで二人はなんで抱き合っていたの?と今更の質問。

 

たたないことを知っているハセに本行が事情を話すと、希望が見えたなと喜ぶハセは、

 

「じゃあ、寺田さん、ちょっとトモにさくっとヤラせてあげてよ」

爽やかな笑顔で言うのでソッコーで断る亜希。

 

じゃあ、と、こっそり本行に耳打ちして仕事に帰るハセ。

 

本行は、

「寺田さん、今日一緒に寝てもらってもいい?」

 

「今、何吹き込まれた??!!」

 

「いや、寺田さんと一緒に寝れば「元気な朝」を取り戻せるんじゃないかと思って・・」

 

「元気な朝を味わってみたい!勿論変な事しないから、協力してほしい・・・」

 

結局嫌と言えず、部屋の扉を全開にして就寝する二人。

 

当然寝る時も密着する二人。

 

「ちょっと触ってもいい?」

 

という本行は動かさないからとお腹を触った。

 

そういうこと”があまり好きではない亜希だったが、本行のぬくもりを感じ、この手が少しでも動いてくれたらと思ってしまう自分がいる事に気づきドキドキが止まらなかったーー!!

 

が、まさかの二人で爆睡www

 

帰ってきたハセが二人の写メを撮ったのにも気づかない程良く寝ていた二人だった。

 

結局亜希が先に起きて、本行の「朝元気」は確認出来なかった模様。

 

そしてこの日、本行は小説家だという事が判明。

 

それなりに固定のファンもいるとの事だった。

 

亜希はハセから新しいバイト先のデザイン会社を紹介され、行った所に最後のルームシェアのメンバーが。

 

栗谷あかりという、強烈に本行のファンと公言している美少女だった。

 

見た目はふんわりお人形さんのような外見だったが、気が強くあやふやな事が大嫌いな性格だった。

 

亜希を昔の知人と聞き、

「偶然再会したからって運命とか思わないでね?智也の魂を理解出来るのは私だけだし、智也の運命の相手は私だから」

と亜希に堂々の宣戦布告をした。

 

智也に馴れ馴れしくしないでと言われるが、こっちはただの◯起装置・・・。

 

ただ協力してるだけ・・・なんて言えない言えない。

 

あかりの事を気にしつつ、本行のお願いで今日も添い寝をする二人。

 

今日もまたお腹を触られドキドキしながら、本行に素朴な疑問を投げかける。

 

「本行はそういう状態になって・・したいとか思わないの?」

 

「え、そりゃ、すごい思うよ。そんなん」

 

え???!!!

 

続きが気になる爆弾発言に亜希は??!!

⇒「カカフカカ1巻」を無料試し読みする☆
サイト内で「カカフカカ」と検索してね♪

カカフカカ1巻の感想

どんな頼まれ事も女は「特別」に弱い。そして、反応している本行を嫌がらない亜希にとっては「可か不可か」と言われれば「可」なような気もしますが、自分に自信がなかった亜希に唯一の救いと言われたら仕方なく・・・という複雑な感情もわからなくはないです。

きっとこんな感情は女性なら誰しもある感情だと思います。

今後二人の関係はどう進展するのか、亜希の感情も動くのか気になります!!今の所、本行より亜希の気持ち次第といった感じな気がします!

興味のある人は是非!

 

⇒「カカフカカ1巻」を無料試し読みする☆
サイト内で「カカフカカ」と検索してね♪