【必読】期間限定で公開中♪
 
AYANE
「お金を払うのはちょっと…!」 って方はチェックしてみてね♪

映画化、アニメ化でも話題になった末次由紀先生の大人気漫画「ちはやふる」1巻のネタバレと感想を紹介しています♪

まだ“情熱”って言葉さえ知らない、小学校6年生の千早(ちはや)。そんな彼女が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新(あらた)。おとなしくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中に札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは千早のずば抜けた「才能」だった……。まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!

引用:まんが王国

 

※注:以降ネタバレ・あらすじを含みますので、不要な方は▼▼より無料で試し読みしてみてください

⇒「まんが王国公式サイト」はこちら
サイト「ちはやふる」と検索♪

ちはやふる1巻のあらすじ

綾瀬千早(あやせちはや)12歳。天真爛漫な小学生。

彼女の夢は姉が日本一のスーパーモデルになる事だった。

 

そんな彼女が転校生の綿谷新(わたやあらた)と出会い、百人一首の面白さにはまる。

頭が良く運動神経もいいけど、母親のプレッシャーに弱い太一は、千早の事が好きだった。

学校のかるた大会をきっかけに、この3人に絆が生まれる。

 

ある日3人は、一般のかるた会に見学に行った。

お正月に遊びでするかるたとは違う”スポーツ”としてのかるたの情熱に

千早と太一は衝撃を受ける。

 

急遽チームを組み対戦する事になった3人。

そこで千早の感の良さ(耳の良さ)が発揮され、かるた会の原田先生は驚くのだった。

 

かるたを取れた時の気持ちよさ、3人でチームになる事の楽しさを知り、

もっともっとかるたをしたい!と感じた千早だった。

 

かるた会に入部し、一般の大会がある事を知りチームで出場しようとしていた矢先に

ある出来事が起こり?!

⇒漫画「ちはやふる」の試し読みはコチラ♪

サイト内で「ちはやふる」と検索すればすぐに無料試し読みできます♪

ちはやふる1巻のネタバレ

主人公は12歳の小学生の女の子綾瀬千早(あやせちはや)。

姉の千歳(ちとせ)が日本一のスーパーモデルになる事が自分の夢だった。

 

最近千早のクラスに、綿谷新(わたやあらた)という転校生がやってくる。

福井のなまりがあり小柄な体格で、みんなからのけものにされてしまう。

 

ある日、ちょっとした事で千早は新の家に行く事になり、

自分は姉が日本一のモデルになることが自分の夢だと新に話す。

すると・・・

 

「自分の事でないと夢にしたらあかん。お姉ちゃんが可哀想だ」

 

と、バッサリと切り捨てる。

 

千早は、

「じゃあ、綿谷君は自分の夢あるの?!」

と問いただすと、百人一首を取り出し、

一緒にやろうと千早に進める。

 

不思議に思いながらもやってみると

新の目つきが一瞬にして変わり、

次々と詠み上げられるかるたを、ものすごい勢いで取っていく。

 

千早は、自分が思っていたかるたとは全く違った事に衝撃を受ける。

「かるたで名人になるのが俺の夢や」

そう話す新に感化された千早だった。

 

翌日も新へのいじめが続く。それが許せない千早は、

「かるただったら綿谷君は誰にも負けないよ!!」

と、同級生の太一に勝負を挑んだ。

一枚でも取られたら卒業までハブという条件でかるた大会に臨む。

 

次々に勝ち残っていく新を見て、焦りを感じた太一は

決勝戦突入したタイミングで新のメガネをこっそり隠し、

対戦出来ないように仕組む。

 

ほとんど見えない新は、最初に置いてある札の位置を覚えてなんとか挑むが、

徐々に札が動いてしまい、違う札をとってしまう。

ミスを繰り返しピンチの新に、

千早が代理を申し出て、気迫でなんとか勝利した。

生まれて初めて賞状をもらい、嬉しくてたまらない千早。

太一と新に

「かるたって面白いね!!」

と満面の笑みを投げかける。

 

数日後、放課後一人で床に百人一首を並べているイメージをしながら、

黙々と練習する新。

 

太一は新のかるたに対する熱い想いを感じながら、

千早がいないうちにメガネをこっそり返すのだった。

 

その後3人はかるた会の見学に行き、そこで練習する人たちを見て、

かるたはスポーツであると感じた。

そして、急きょやることになった勝負で、3人は初めてチームになった。

 

そこで千早の感じのよさ(耳がよいこと)に原田先生(白波かるた会)は驚くのだった。

また千早は、かるたが取れた時の気持ちよさ、

3人でチームになることの楽しさを知り、

もっとかるたをやりたい!と強く思った。

 

ある日、一般のかるた大会があるのを知り、

3人で出場しようと猛特訓するが、

そんな矢先、太一が中学受験で有名の中学に合格した事が明らかになる。

同じ時期、新も福井に住むおじいちゃんが病気で

福井に帰らないといけないと告げられる。

3人一緒じゃないと意味がない!大会も出ない!と落ち込む千早。

 

「一人になるんならかるたなんか楽しくない」と、

原田先生にかるたを返しに行って帰宅すると、

太一と新が作った手作りのTシャツが届いていた。

 

翌日3人はお揃いのTシャツを着て試合に臨んだ!

 

勝負の結果は果たして?!

 

⇒漫画「ちはやふる」の試し読みはコチラ♪

サイト内で「ちはやふる」と検索すればすぐに無料試し読みできます♪

ちはやふる1巻の感想

末次由紀先生の大ヒット作のこの漫画。

あまり馴染みがない百人一首がテーマだったので、どうかな?と漠然と思っていましたが、
物語(スポーツ)の躍動感がスラムダンクとリンクし、一気に読み上げてしまいました!

天真爛漫な主人公、千早もとっても可愛らしいです(^^)

始めの1ページがクィーン戦に挑む高校生の千早で、1巻は始まりのいきさつを描いています。

百人一首を通じてどんな成長を育んでいくか、2巻が気になります♪

⇒漫画「ちはやふる」の試し読みはコチラ♪

サイト内で「ちはやふる」と検索すればすぐに無料試し読みできます♪